Magick From Scratch

In my previous post in this series, I explored a text quote which demonstrates how the absence of purity is not a deal-breaker if you are a human calling out with an earnest heart to Hellenic deities.

In this post, I’d like to look at a quote very often cited as evidence that one should never make prayer in a state of impurity.

and with hands unwashed I would take shame to pour the glittering wine to Zeus; there is no means for a man to pray to the dark-misted son of Kronos, with blood and muck all splattered upon him

— Homer’s Iliad, 6.266-8

When you take this quote utterly out of the context of the surrounding story, it seems pretty clearly supportive of the idea that you can’t pray, at all, without ritual purity. Strange, considering the anecdote about Glaucus that I explored in my last post.

Let’s…

元の投稿を表示 さらに1,327語

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中